一般社団法人 希少糖普及協会

メニュー

一般社団法人 希少糖普及協会

お問い合わせ

メニュー

希少糖商品開発事例希少糖商品開発事例

TOP > 希少糖商品開発事例 > 希少糖含有シロップ

希少糖含有シロップ

新規甘味料の開発-「希少糖含有シロップ」

酵素発見とイズモリング構築により、高純度のプシコース(アルロース)が従来よりも低コストで生産可能になりましたが、それでも、一般的に使用するには高価でした。そのため、プシコース(アルロース)を始めとする「希少糖」の実用化にあたっては、より低コストで生産できるシロップが大きな役割を担うことになりました。

希少糖含有シロップは、市販のぶどう糖果糖液糖をアルカリ化し、加熱することで異性化し、プシコース(アルロース)をはじめ種々の希少糖を含むシロップにしたものです。シロップ状なので、砂糖の代替として料理などに使うことも、冷たい飲料の甘味剤として使うこともできます。
希少糖含有シロップを生産する松谷化学工業㈱は、瀬戸内海を臨む香川県の番の州工場に月に最大1000トン生産できる設備を整備し、日本各地の食品メーカー等に販売しています。また、一般家庭用に適した商品も生産しています。

イメージ

希少糖含有シロップの抗肥満効果

抗肥満作用 [希少糖含有シロップ]

  • グラフ
  • グラフ

プシコース(アルロース)などの希少糖が含有されたシロップ(糖組成:ぶどう糖 約45%、果糖 約30%、プシコース(アルロース)など希少糖 約15%、その他の糖 約10%)についても、糖代謝の改善や抗肥満作用が報告されています。

普通体重~軽度の肥満(BMI 25以上、30未満)の健常成人34名(男女各17名;平均年齢42.0歳、平均体重70.5kg、平均BMI25.8kg/m2、平均体脂肪率28.2%)を対象に、試験食:希少糖含有シロップ30g(固形分)入りゼリー飲料、対照食:果糖ぶどう糖液糖28g(固形分)入りゼリー飲料を、1日1回、朝食前に試験食品1本を12週間連続摂取したとき(朝食、昼食、夕食は通常食)の、体重および体脂肪率の変化を示しています。

その結果、体重の減少(1.8kg)と体脂肪率の減少(1.7%)が見られました。また、摂取を止めるともとに戻っていることも分かります。(Journal of Functional Foods ,2014 より)

シロップ中のプシコース(アルロース)などの希少糖がぶどう糖の吸収阻害をしていることが、主な要因だと考えられていますが、希少糖含有シロップの糖組成バランスやプシコース(アルロース)以外の希少糖の作用の可能性も考慮して、この機序についてさらに研究が進められています。

イメージ

PAGE TOP