一般社団法人 希少糖普及協会

メニュー

一般社団法人 希少糖普及協会

お問い合わせ

メニュー

希少糖の研究希少糖の研究

TOP > 希少糖の研究 > 産学官連携 > 香川大学

産学官連携[香川大学]

国際希少糖研究教育機構

「希少糖研究」で世界をリードする香川大学は、希少糖生産技術研究を強化して、特保関連食品、医療用資材、農業資材などを中心とした希少糖用途開発の研究を今まで以上に推進し、さらにこれらの研究成果を国際展開するため、全学体制の新組織である「国際希少糖研究教育機構」を平成28年4月に設置しました。
 香川大学の強みである希少糖研究資産の活用による応用技術の開発で、国際的な研究教育拠点となり、国際社会に貢献するとともに、地域振興に資するために組織された「国際希少糖研究教育機構」は、学部横断的な 70名以上の教員から構成されます。
 本機構における研究開発部門は、生産技術部門、用途開発部門、国際展開部門の3つの部門から構成されます。生産技術分門は、酵素・遺伝子関連分野、生化学分野、有機合成分野からなり、希少糖生産技術の向上と生物・酵素・遺伝子資源の確保と、生化学的諸性質の解析を進めるとともに、本学の持つ糖酵素学と英国・オックスフォード大学の持つ糖化学の技術融合により、希少糖生産における新たな扉を開くことを目指します。
 用途開発部門では、これまで応用展開を進めてきた食品、動物、植物、微生物化学関連各分野とともに、臨床試験、分子ツール開発、物性、教材開発分野で研究開発を進めます。社会連携・知的財産部門と密接に連携して、現在進行中の特保関連食品、医療用資材、農業資材などの開発に加え、糖が用いられている様々な産業分野への新展開を目指し、分子ツール開発や各種工業分野への応用開発も開始しています。
 さらに、国際展開部門では、英国・オックスフォード大学、米国・フロリダ大学等の欧米の大学との共同研究の推進とともに、ブルネイ・ダルサラーム大学、タイ・チェンマイ大学等のアジア諸国との共同研究も進め、更なるグローバル展開を目指しています。

国際希少糖研究教育機構

◆香川大学 国際希少糖研究教育機構

http://www.kagawa-u.ac.jp/IIRSRE/index.html

希少糖甲子園

高校生たちが希少糖について学び、競い合う「希少糖甲子園」。
単なる希少糖研究発表の場ではなく、未来の研究者を育てる教育プログラムとして毎年開催され、2016年度に第10回の開催を迎えました。

「希少糖甲子園」は、希少糖を研究材料にした自由研究の単なる成果発表の場ではなく、事前の研修、自由研究における通信指導、発表後の審査を兼ねた討議という一連のプログラムと一体となった教育プログラムであり、その中でも最も重要視されているのが「独創性・創造性の涵養」です。

参加校・参加生徒数を小規模で行い、大学の研究者との接点を密にして、マンツーマンで希少糖研究の面白さや独創性の重要性を伝える機会にしたいと考えています。

希少糖甲子園

希少糖甲子園

◆希少糖甲子園事務局(㈱希少糖生産技術研究所)

http://www.izumoring.com

PAGE TOP